認識線軌

tech1.jpg

小は医療機器のアーム部分から、大は飛行機の着陸装置、可動式ホームまで、精密機械、ロボット、動力伝達機構、半導体、医療、航空宇宙産業といったさまざまな分野で、リニアガイドは

日常生活の随所に応用されています。21世紀に入ると環境保護意識が日増しに高まり、工業製品も環境にやさしい、省エネ、高効率の方向に向けて発展しており、1990年代における世界

三大工具機械展(EMOCHICAGO SHOWJIMTOF)では、高速化、高精度化、複合化、省エネルギーの趨勢が見られました。業界のリーディングカンパニーとして弊社では、直動

システムに、環境保護性、省エネの概念を取り込み、ベストの品質を提供してお客様の利益の最大化を図ります


tech2.jpgtech3.jpg

構造と材質

リニアガイドはレールとブロックによって構成されている。レールとブロックは、高炭素鋼と合金鋼の材質。両方とも熱処理し、表面硬度がHRC 58度以上に達成し、研磨仕上げを経て製品

になる。ブロックは、金属本体、循環パーツ、防塵パーツ、リテーナー、ボールなどの組み合わせで構成されている。


リニアガイド製造工程フローtech5.jpgtech6.jpg


    tech-jp.jpg


応用先

工作機械のカントリー、ロボットアーム、測定機械のXY TABLE、半導体設備、医療機器、産業用設備などの移動に使用される伝動部品として欠かせないパーツになり、お客様のニーズに従って、色々な組み合わせて、様々な展開が出来る。